アダルトビデオの修正前テープの流出
最初に流出モノと呼ばれる有名な女優の出演裏DVDから、モーニング娘。の盗撮物も話題になった。これらは当時の裏DVDと呼ばれて著作権肖像権を侵害するもので、日本国内で違法なことができる商品だった。 これにより、この問題を解決し、著作権及び法律を遵守し、制作者と出演者の利益を保護するために生まれたのが、"海外販売の了承を得た出演者を用い、海外で撮影・販売する"という経営形態であった。このような合法的な海外無修正DVDは、北米盤、原盤、逆輸入盤とも呼ばれる。 ジャポルノという言葉にも多く使用されているが、長年かけて使用されている裏ビデオや無修正DVDという呼称が今も一般的な、ジャポルノの認知度は低い状態にあるのが現実である。また、海外で正式にリレンタルされたジャポルノ偽造品(いわゆる海賊版)が日本国内で販売され、新たな問題になっている。 裏ビデオ(うらビデオ)は、主に性器の部分の修正(モザイク処理など)を変更せずに性交場面などを収録しているポルノ映像作品(アダルトビデオ)である。日本では、多くの法律に抵触する、わいせつ物頒布罪に該当する可能性が高いため、流通の"表"はできず、"裏"にあるのでこう呼ばれる。 1980年代頃から、業界や市場が存在していた。ここでは主に日本の裏ビデオを説明する。 DVDの違法ポルノ映像作品については、裏DVDを参照してください。 もともと日本では、性器の画像修正ができないわいせつ動画の流通がわいせつ物頒布罪によって違法とされている。米国などのポルノビデオとは異なり、日本で合法販売またはレンタルしているアダルトビデオ("表"のビデオ)は、倫理審査団体の審査による自主規制やメーカーの判断による自主規制が原因で性器に"モザイク"など、さまざまな方法で修正がかかっている。 しかし、性器の修正がない映像(無修正映像)を見て思うの市場の潜在的な需要に対応して、1980年代後半より目立たないように頒布されるようになったの違法ビデオを通称"裏ビデオ"と呼ぶ。 1989年の天皇崩御前後の当局の風俗に対する一斉検挙以後は裏ビデオ業界の自主制作作品はほとんど消えて、変更して、1990年代には修正をかける予定で撮影されたアダルトビデオの修正前テープの流出などがしばしば裏ビデオとして認識される。
[PR]
# by uyaboc | 2010-07-08 17:18
  
日本人出演の裏DVDやアダルトビデオの話題です。
by uyaboc
プロフィールを見る
画像一覧
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧