"無修正映像"を簡単に鑑賞し、ダウンロード
日本では欧米諸国などとは異なり、大人でも、性器を直接表現する映像を公開することは、刑法第175条わいせつ物頒布罪違反として性器を直接表現する映像の存在自体を禁止している。理由は、公共の"健全な"性的風俗生じない性秩序の維持である。したがって、規制は"徒に性欲を刺激または刺激せしめており、一般に人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的度の概念に反する"である。 このため、倫理審査単体の自主規制によって性器に"モザイク"など、さまざまな方法で、"ぼかし"をかける。これは、性器を露出していないのはもちろんだが、(中では)実際に性行為をしていないことをそのままに、"ぼかし"という意味もある。精液や、肛門(審査単体は、自主規制)を反映することはわいせつに該当しないものと解釈されている。 最近では日本のアダルトサイト業者、アダルトビデオ製作者が性器露出を日本との規定が他の外国のサーバーのプロバイダー経由で有料サイトを開設しており、日本国内では、このサイトを訪問して、"無修正映像"を簡単に鑑賞し、ダウンロードすることができるようになった。これを通称海外配信する。 また、"修正映像"も時代とともに変化し、かつては女性の頭と肛門を露出していることは違法とされていたが、現在は"合法的"との見方に変化し、児童の性器露出は一応"合法的"とされていたが最高裁判所の判例では"違法"としてとわいせつの認識変化している。 倫理審査単体と"インディーズ"倫理審査単体には、日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)、コンテンツ・ソフト協同組合メディア倫理委員会(メディ倫)などがあり、それぞれの所属会員である出版社のビデオが倫理を逸脱していないか監視している。しかし、法的根拠なしに審査を通過すれば、警察に摘発されるという保証はない。 倫理審査の時に、海賊版製作者に対する警告告発もある。ビデ倫加盟メーカーは、ビデオ倫理監視委員会による監視を実施している。 ビデオ倫理監視委員会が把握している審査単体 日本ビデオ倫理協会(ビデ倫) コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫) ビジュアル・ソフトコンテンツ産業協同組合(VSIC) 日本映像ソフト制作・販売倫理機構(JVPS、制販倫) コンテンツ・ソフト協同組合メディア倫理委員会(CSA、メディア倫理) 全日本ビデオ倫理審査会(AJVS全審) 日本の倫理審査協会(JEJA、日倫理) 倫理審査単体に所属されていないアダルトビデオ製作者の作品は、"自主規制作品"(インディーズ)と呼ばれるこのビデ倫・ソフ倫(2つの単体は、相互に審査結果を尊重する旨の覚書を交わしている)以外の審査機関で審査を実施作品はモザイク処理などの点で自主規制作品と大差はなく、一般的にインディーズの扱いを受けることになる。 倫理については明確な基準がなく、モザイク処理部分の大小強弱など、メーカーごとに違いがあり、同じ会社が制作した作品でも発売年度などによって"ぼかし"の強弱があったりする。また、生活のために性器ぼかし少し性行為にも手がつけられない限り増えている。
by uyaboc | 2010-07-05 16:06
日本人出演の裏DVDやアダルトビデオの話題です。
by uyaboc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧